アイシングクッキーと同じ材料で!レモンケイク

ママ友さんに、たくさんのレモンをいただきました。
おばあちゃんの家の庭になっている無農薬の国産レモン。
レモンというと夏が旬のように感じますが、実は本格的な収穫は秋以降だそうです。

マイクロプレインのゼスターグレーダーでたっぷりとすりおろし・・・・

共立てのケーキ生地に入れて焼き・・・

レモンアイシングをかけてレモンケイクの完成!
色味に冷凍庫に残っていたピスタチオをかけました(^^)

レモンケイクは、アイシングクッキーの材料にサワークリームを購入すれば作れます。

サワークリームが無い場合は、ヨーグルトでもいいし、
探せばサワークリームを使わないレシピもあります。

アイシングクッキーは、こういうシンプルな焼き菓子に比べると、
見た目はものすごく特殊に見えるのですが、
実は、着色料以外はごくごくシンプル。

小麦粉、砂糖、バター、卵。
基本的にはこれだけです。
(私は塩もちょこっとだけ使いますが)

この4つの材料すべてを同量で作る
究極にシンプルなレシピが「カトルカール」。

多くのお菓子はこのカトルカールをベースに、
材料を足したり引いたり、入れ替えたりしています。

アイシングクッキーもその多くのお菓子のうちの
1つと言えます。

そういう意味では、
お菓子作りの初心者さんに材料面でとっつきやすいし、
ベテランさんには製菓理論を学ぶ面でとても面白い。

あらゆる層がハマりやすいのがアイシングクッキーの魅力と言えるのかもしれませんね♪