ブログ

キルティングのコツ〜実物だったらどうだろう?〜

 

★県内のJSA認定講師様がお越しくださいました

JSA認定アイシングクッキー教室【Smile Sugar】

アキヤマエミ先生がプライベートレッスンにお越しくださいました。

 

キルティングのラインがまっすぐにならないとのことで、

まずはキルティングのお話からスタート。

 

私の教室では、いきなりキルティングを作ることはせず

「人はどこを見たら、キルティングと認識するのか?」

という話からスタートします。

 

これに陥没の理由も含め、

アイシングの固さもアドバイスします。

 

ここがちょっと、他の教室とは違うところかも。

 

★実物を理解すれば、失敗の理由もわかる

 

IMG_5864

「ただこういう技術だから」じゃなくて

「こうするとキルティングに見える」ということがわかると、

作り方の答えは自ずと出ます。

 

その理由がわかれば、どうして失敗したのかもわかります^^

 

「自ずと」というのはすごーく大事なポイントです。

 

ただ技術を教えることは、詰め込み式の暗記と同じ。

 

「なぜ」という理由付けがわかると、

上達のスピードはググッと上がります!

 

IMG_6881

理論をふまえて、実践スタート!

 

 

quilting

右がいつも通り作ってもらったもの、右がお話の後作ったもの。

ラインがだいぶまっすぐになったのがわかります♪

 

あとはよりまっすぐになるように、ベースのラインと、

アイシングの適切な量を覚えれば完璧です。

 

終了後はアイシングクッキーを作っている上で困っていることなど

いくつか質問を受けました。

 

お答えするたびに「そういうことか〜!」と納得のエミ先生。

とてもかわいらしい女性でした♡

 

話が濃すぎてまだ書ききれないゆみこ先生のレッスン

プライベートは裏話がいっぱいです。

(ちょっとしたカメラ教室になったりとか。笑)

 

 

エミ先生、同じ静岡東部のアイシングクッキー教室として、

これからもよろしくお願いします♪

 

明後日はいよいよ浜松にお伺いします。

 

参加者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします^^

 

エミ先生のお教室、Smile Sugarはこちらです→

 

では、また次回!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る