ブログ

クッキー生地の抜き方まとめ

「好き」をかたちに。

日本アイシングクッキー協会 認定インストラクター

富士市のアイシングクッキー教室「リトルミイ」

カツマタケイコです。

 

先日の卒業生対象レッスンやインストラクター養成講座で

クッキー生地の扱いについて質問があったのでまとめました。

 

私、異端児なのでセオリーというものをまったく守っておりません(^_^;)

 

製菓のただしいやり方と違う〜!とお思いかもしれませんが、

ご容赦くださいませm(_ _)m

 

(1)クッキー生地の伸ばし方

IMG_5142

まず、生地を伸ばす時、台の上に生地を直接置きません。

 

寝かせる時に使ったラップをそのまま広げて使っています。

 

理由は、

・生地が固くなるので打ち粉をしたくない

・めんどくさ・・・いやいや、エコだから

型抜きした時に生地がいちばんきれいにはがれる

からです。

 

 

IMG_5145

伸ばす時は、上にクッキングシートをかぶせて伸ばします。

 

IMG_5147

そうすると、ツルッ!ときれいに表面が伸ばせます。

 

詳しくは、こちらをどうぞ
クッキー生地の表面をきれいに伸ばす方法

 

クッキングシートは、セブンプレミアムのものがおすすめです。

(花絞りやキャラクター作りにもGood)

 

IMG_5750

次に抜き方です。

 

こんな細いものを抜く時は、まず型で抜き

生地に型をくっつけたまま、ラップの下に手を入れます。

 

IMG_5751

ちょっと持ち上げて、斜めに倒すと、

型からきれいに生地が剥がれます。

 

IMG_5752

こんな風に。

 

IMG_5753

ここで生地をはずすと、天板に生地を移動する間に変形してしまうので、

型ごと天板に移動します。

 

すいません、2度目の焼成なので、シルパンがちょっと汚いです(^_^;)

 

細い部分は、筆で押して抜きます。

 

詳しくは、こちらをどうぞ

こうすればどんな型もきれいに抜けます♪

 

次に、ナイフでカットして生地を切り抜く場合。

 

まず型紙を作ります。

 

クッキーの枚数が少ない場合はコピー用紙で済ませますが、

レッスン等で何回も使用する場合は、

油性ペンで形を書いて、はさみでクリアファイルを切り抜きます。

 

書籍なんかだと透明なクリアファイルを使ってる場合が多いんですが、

透明だと生地に置いて見失ったりするし、

しまった時に見つけにくいこともあるので色付きがおすすめ。

 

 

好みの形に切り抜いたら、まずは食用油で油性ペンを拭き取り、

その後洗剤でよく洗います。

ただ洗剤で洗うよりも、同じ油同士なのでよく落ちます。

 

IMG_5749

クリアファイルで型紙を作りました。

 

切り抜きは写真にうつっているKOMKOM カービングナイフがおすすめ。

 

もともとはフルーツやソープカービング用のナイフなのですが、

刃先がすごく細いのでどんな細いところも楽々切り抜けます。

 

IMG_5755

これも切り抜いたら型ごと持ち上げ

 

IMG_5756

天板に移動し、指でファイルに合わせるように生地の形を整えます。

 

IMG_5757

するとこんな感じできれいに抜けます。

 

ショートニングやマーガリンは生地ダレがしやすいので、

冷やしながら作業しましょうね〜。

 

★あなたも、アイシングクッキー道、最短で究めませんか?

当教室では、あんな裏技こんな裏技、こっそり教えてもらえます♪

6期生募集中!

12/1(火)、12/11(金)、12/18(金)、/12/21(月)の全4回
10時30分〜14時30分まで(予定)

日本アイシングクッキー協会 インストラクター養成講座の詳細はこちら→

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

※LINE@やFacebookメッセージでのお問い合わせは、レッスンの内容をホームページをご覧の上でお願いいたします

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る