【レビュー】卓上シーラー購入

 

アイシングクッキーを包装する必須アイテムと言えば?

そう「シーラー」です。

いちばんメジャーなのがこの「クリップシーラー」ではないでしょうか(*^^*)

 

手軽にシールができて、収納場所にも困らない「クリップシーラー」。

本当に便利なんですが、少しだけ不満な点が・・・

 

不満その1:時々コンセントのコードが邪魔になる

 

あわててシールしようとすると、コードが短くて立ち位置に困ったり、

コードがヒーター部分にはさまってシールできなかったり。

(↑あるあるですね〜)

 

IMG_4554

不満その2:ガス袋のシールの位置に制限がある

その形状ゆえ、ガス袋の上から2cm程度の部分までしかシールができません。

 

IMG_1453

当教室の名刺がこんなのなんですが、

ちょうどリボンを結ぶ位置くらいでシールしたいけどできません(^_^;)

 

袋の高さに対してクッキーが小さすぎる時も、

もっと下の位置にシールしたくてもできないですよね。

 

そんな訳で、卓上シーラーの購入を検討しはじめました。

 

条件としては、

  • 値段が高くない(5,000円くらいが上限)
  • シール幅ができるだけ大きい(クリップシーラーは2mm)
  • 外に置きっ放しにしてもオシャレ

の3つ。

 

楽天を検索してみると・・・

 


長さ30cm、シール幅3mm。

お値段6,296円。(税込)

条件としては悪くないけど、見た目が工業的すぎ(^_^;)

これがいちばん欲しかった〜(T ^ T)

長さ20cm、シール幅2.5mm。

 

見た目もかわいくて言うことなしなのですが、

お値段が16,070円(税込)とかわいくない。。。

 

 

最終的に購入したのがこちら。

インパルス式 密封機 [30cm]シーラー。

品番はFR-300A。

メーカーはSIS株式会社です。

 

長さ30cm、シール幅2.8mm。

 

なんとお値段2,400円!

クリップシーラーより安い!

 

IMG_4545

楽天の写真だと白に見えますが、実際はアイボリーっぽい色です。

 

IMG_4544

 

IMG_4553

キッチンエイドの隣に並べるとこんな感じです。

 

IMG_4550

横幅は約7.5cmと超スリム。

 

多少工業的な感じは否めませんが、まぁ、許容範囲かな・・・(^_^;)

 

インパルスシーラーはクリップシーラーと同様、電源ボタンがありません。

 

IMG_4547

 

ガス袋をはさんでプレスすると、自動的に電源が入る仕組み。

(赤いランプが点灯します)

 

目盛りが1〜8までありますが、8に合わせるとプレス部分が溶けて切れてしまうため、

私は5〜6くらいに合わせています。

 

IMG_4548

ちょっと見づらくて申し訳ないのですが、プレス部分。

 

クリップシーラーの2mmに比べてインパルスシーラーは約3mmなので

密封度はより強くなります。

 

IMG_4549

いちばんのメリットであるシール位置。

 

クリップシーラーは上部2.3cmくらいが限界ですが、

インパルスシーラーは好きな位置でシールができます( ´ ▽ ` )ノ

 

卓上型はガス袋がしっかり固定できて、

上から押さえるだけなので楽にプレスできるのもポイントが高いですね^^

 

たくさんシールするものがあっても、クリップシーラーより時間がかからないと思います。

 

ただクリップシーラーより場所は取りますし、もちろん重さもあります。

 

それでも、出しっぱなしにしてもいいデザインだし、

なんと言ってもどの位置でもシールできるというのは本当にストレスフリー♪

 

私は買ってよかったな〜と思います。

 

同様の理由で卓上シーラーをご検討の方の参考になれば幸いです♪
Instagram
講師Instagramはこちらから。
作品はブログよりも少し早く公開しています(*^^*)
良かったらフォローお願いします★

 

アメブロ 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

関連記事

  1. 私が使っている道具一覧。

  2. アイシングの持ち運びに、超~便利な道具

  3. 【レビュー前編】wiltonクッキーカッター 101pcセッ…

  4. Wiltonアイシングカラーの賞味期限【2】

  5. 無印良品とニトリでカラーとコルネ収納

  6. 【レシピ】卵抜き・エッグフリーのアイシング