手作りクッキー型の接着方法

IMG_1389先日作った名刺クッキー

ナイフでちまちまと生地を切り抜いて作っていたのですが。。。

思いのほか好評だったので、型をつくりました。

IMG_1441

普段はセオリー通りの0.3mm厚のアルミ型で作るんですが、
ホームセンターに0.2mm厚が売っていたのでこちらで作ってみました。

何コレ曲げやすい~!

生地を抜く時も、特に変形することなく抜くことができました。

ただ、強い衝撃には弱いので、ぎゅうぎゅう詰めに収納すると
形が変わってしまいそうですね。。。

それでも気に入りました0.2mm♡
これからこの厚さで作っていこうと思います。

さて、クッキー型を作った時の接着方法について。

書籍などではグルーガンを含め「接着剤」が圧倒的に多いですよね。

私は面倒な時は、ホチキスで留めてしまいます。

このタイプだと、0.3mmくらいまでだったら留まります。

ただし、ホチキスの芯の形状がまっすぐのため、
カーブの部分を留めるのはおススメできません。

接着剤だとうまくくっつかない・・・てことありませんか?
くっついたなーと思っても取れてしまったり。

私はそれが原因でホッチキスを使っていました。

意外と気づきそうで気づかないんですが、
接着剤がうまくくっつかないのは、アルミの表面がツルツルしているから。

平過ぎて、接着剤が入り込む余地がないんですよね。

なので、表面を凸凹にしてやればくっつきやすくなるという訳です!

IMG_1442

そこで登場するのがこの紙やすり!

ダイソーでいろんな目の粗さのものが5枚くらい入って1枚108円でした。

IMG_1445

今回は「100」と数字が書いてある、いちばん目の粗いものを使用します。

IMG_1444

この紙やすりで、接着面2か所をガリガリ削って傷をつけます。
手の脂も取れて一石二鳥。

そして後は、接着剤でくっつけるだけ!

今までが何だったんだというくらい、簡単にきれいにつきますよ♪

 

接着剤はこちらの「スーパーX」シリーズがおすすめ。
シンナーを全く含まない無溶剤タイプ。
お子様も安心して利用できます。

[sbc title=”yes”]
=予約可
オレンジ=予約済
ピンク=定休日

こちらのカレンダーの緑色の日が受講が可能な日です。

フリーデザインプライベート、1dayレッスンの団体予約(3名様以上)のご予約を承ります。
お申込みはご希望日の3日前の午前中までにお願いいたします。

※営業日は予告なく変更する場合がございます。
ご了承ください。

ご予約にはこちらのフォームをご利用ください→

///当教室サイト/SNS一覧///

アメブロ 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

講師の作品一覧 Instagram

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

関連記事

  1. Witon(黒)、CK(黒)、竹炭パウダーでペインティング比…

  2. 無駄のないアイシングの着色方法

  3. アイシングの気泡をかなり減らしちゃう裏ワザ

  4. パーツを貼る時のイライラを無くす秘密兵器!

  5. 良いと思ったことは、どんどん取り入れよう!

  6. 【初心者向け】◯◯を使って簡単バラ絞り