口金のメーカー、違いは何?

IMG_3937

昨日は主人の誕生日でした!

 

昨夜は2人で食事に出かけたので、

家族でのお祝いは今夜、ということで

今回は主人が好きな(だった?)

エヴァンゲリオンのクッキーを作ってみました。

 

これは「エヴァ ミクロマクロ」という

サンリオプロデュースのキャラクターだそうです。

 

最近はちゃんりおメーカー -Chanrio maker-もブームですね~。

 

あれで写真を撮ってアバターを作ろうとすると、

「あなたは男の子ですか?」と100%聞かれます(–;

 

さて、今回のクッキー。

 

アウトラインがが太く均一な元絵だったので、

コルネではなく口金でアウトラインを引いてみました。

 

 

 

IMG_3940

PME社の口金、1番を使用しています。

 

デコレーション用の口金と言えば、

  • Wilton
  • MARPOL
  • 国産の孝義
  • PME

がメジャーどころでしょうか。

 

私はデコレーションは【wilton class】が入口でしたので、

wiltonの口金を当初は集めました。

 

何気なく使用している口金、違いをご存知ですか?

 

IMG_3943

こちら、左がPME。右がwilton。

どちらも「2番」の口金です。

 

IMG_3948

横から見ると、PMEの方が先端が細く、

 

IMG_3949

上から見ると、穴はPMEの方が細いです。

 

IMG_3951

wiltonの口金には「継ぎ目」があり、(ちなみにこの手は娘です)

 

IMG_3950

PMEの方には「継ぎ目」がありません。

 

PMEの方が、作りが繊細だということが

おわかりいただけましたでしょうか?

 

たかが口金ですが、

実はメーカーによって結構な差があるんです。

 

お値段もPME(1号)が894円なのに対し、

wiltonは233円とかなり違います。

 

 

 

wiltonはこんな感じの専用ケースなのですが

 

IMG_3952

 

PMEはより口金を大事に扱っている感じです。

ズボラな私にはちょっと敷居が高いのですが・・・^^;

 

細かい違いですが、品質はとても高く、

お花絞りには結構な差が出ます。

 

それはまた、次の機会に。

 

///当教室サイト&SNS一覧///

公式サイト 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

アメブロ 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

講師の作品一覧 Instagram

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

関連記事

  1. 【アナ雪】エルサのアイシングクッキー

  2. ミニオンズのアイシングクッキー

  3. クッキー作りにおすすめのハンドミキサー

  4. アラザン入れに!ジュエルケース

  5. ツムツムのアイシングクッキー

    【フリーデザインレッスン】ツムツム

  6. キスマイのアイシングクッキー