ブログ

いちばん早く上達する方法とは?

先日の「日本アイシングクッキー 認定インストラクター養成講座」でのお話し。

 

「先生に作り方を教わって、まだまだ自分が練習不足だなって痛感しました」

「先生みたいにうまく作れる日なんて、永遠に来ない気がする」

と生徒さんが嘆くので、

「いやいや、私の初めての作品なんて、もっとひどいもんだったよ?」

と、スマホを取り出して過去の作品を見せるという展開に。。。

 

halloween

こちらが、教室を開講したばかりの2014年10月の作品。

ちなみに私が生まれて初めて作ったアイシングクッキーも「ハロウィン」でした。

作品はこちら



halloween2012・・・もう、今見ると、顔から火が出るほど恥ずかしいのですが・・・汗

2012年10月の作品。

これでも当時は「うまくできた~♪」なんて思っていたのです(^^;

 

201312

こちらが2ヶ月後の2012年12月。
友人へのクリスマスプレゼント。
これまた恥ずかしい・・・

 

201401

2013年1月。
弟への出産祝い。
C.bonbonの生島先生の書籍を真似っこ。

この頃はまだ乾燥機もなく、ロイヤルアイシングもフォークで練っていました。
アイシングの状態がめっちゃ悪いですね。汗

 

その後は作ったり作らなかったりで1年が過ぎ・・・

 

201403

2014年3月。クローバーのアイシングの盛りがまだまだ。

 

201408

2014年8月。このあたりからキャラクター作りにハマりはじめます。
これを作る少し前に、「日本アイシングクッキー 認定インストラクター」の資格を取得。

 

201409-2

 

201409

2014年9月。

やっと見られるようになってきた気が・・・

 

残りはインスタグラムでご確認ください♪

 

2012年の10月に初めてクッキーを作って、その後1年は本当に時々作る程度。

2014年に入ってエンジンがかかり、現在にいたります。

やっぱり作る頻度と量に比例して、上達している気がします。

 

なので、

「どうしたらアイシングクッキー作りが上達しますか?」と聞かれる時は、

「数を作るしかない」

とお答えするしかないのですが、私はもう一歩踏み込んでお答えしています。

 

それは、

「クッキーは必ず誰かにあげる目的で作ること」

「あげる人がいない場合はSNSなどで見せる目的で作ること」

「好きなものだけ作ること」

 

数を作るには、それだけモチベーションの維持をすることもすごく大切だと思います。

「上達」を目的として「自分のため」に作るのは、どこかで心が折れます。

 

「大切な人にあげよう」という目的であれば、

たとえばその人が着ている服を見て「こんなセンスのクッキーが好きかな?」と
デザインを勉強する絶好の機会になりますし、

またデザインだけでなく味にまで気持ちが及ぶと思います。

 

あげる機会が無かったとしても

「SNSに投稿して世界中の人に見せる」目的があるだけで、

丁寧に作ろうとする気持ちが強くなるのではないかと思います。

 

「好きなものだけ」作るとすれば

そのエネルギーは無限大です。

 

私の場合はそれがキャラクターだったですが、

「好きなものを作る」+「SNSで見せる」

で上達の速度が加速した気がします。

独学でここまで来るのに2年近くかかりました。

それは

「きれいなクッキーとはどういうものなのか」

ということや、クッキー作りのコツがわからなかったから。

インストラクター養成講座なら、最短2日で上記の2つがわかります。

 

後は、道具が揃ったことも結構も大きいかな?と思いますが、

それはまた次の機会に^^

 

[sbc title=”yes”]
=予約可
オレンジ=予約済
ピンク=定休日

こちらのカレンダーの緑色の日が受講が可能な日です。

フリーデザインプライベート、1dayレッスンの団体予約(3名様以上)のご予約を承ります。
お申込みはご希望日の3日前の午前中までにお願いいたします。

※営業日は予告なく変更する場合がございます。
ご了承ください。

ご予約にはこちらのフォームをご利用ください→

///当教室サイト/SNS一覧///

アメブロ 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

講師の作品一覧 Instagram

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る