アイシングの気泡をかなり減らしちゃう裏ワザ

明日は日本アイシングクッキー協会のインストラクター養成講座のため、
朝からはりきって準備をしています。

多くの受講者さんにとっては鬼門であろう「お花絞り」の回なので、
資料や自作のテンプレートなどを用意しています。

さて、アイシングクッキーに携わっている方からすれば、
「ロイヤルアイシングは作りたてがベストの状態」というのは
常識ですよね。

だけど、撹拌したてのアイシングで塗りつぶしをすると
すごい数の気泡が入ってしまう・・・ってことありませんか?

IMG_1376

撹拌した当日に、水分を加えて混ぜたアイシング。
見るだけで嫌になる大小の気泡の数々。。。

以前は、前日に立てたアイシングをもう1度ヘラで練り直して使うことで
できるだけ気泡を減らすようにしていたのですが。

先日、シュガーの先生に、撹拌したてのアイシングの気泡を、
ほとんど無くしてしまう方法を教えてもらい、
それからこの方法を実行しています。

常識だったら、ホントすみませんですが。。。

塗りつぶし用のアイシングをアイシングバッグに入れます。
入れ過ぎに注意して、閉じたところはテープで留めなくてもOK。

IMG_1377次に、アイシングを詰めたコルネの先を切り、
同じ大きさのコルネにこのように入れます。

先を切りすぎると気泡が残るので細めに切ってください。

IMG_1378写真のように、空のコルネに再びアイシングを詰めていきます。

コツは、中のコルネの先端を
必ずアイシングの中に突っ込むこと。
こうすることで、余分な空気が入るのを防ぐことができます。

穴が小さければ小さいほど、大きい気泡を排除することができます。

IMG_1381

詰め直したコルネをテープで留めます。

空気が入らないように、できるだけパツパツの状態で留めて、
使っている最中もこまめに上の部分を折るようにしてください。

IMG_1382

この「詰め直しアイシング」を使って塗りつぶしをした結果、
1枚目の気泡は0個、2枚目は1個、3枚目は3個でした。

塗りつぶしが後になればなるほど、コルネの上の方から空気が入るため
気泡の数は増えます。

それでも、詰め直さないアイシングと比べれば、
気泡を潰す作業は劇的に減ります。

詰め直しに使ったテープで留めなかった方のコルネは、
パレットナイフで中心をぐりぐりと開けて、
再び練りたてアイシングを詰めて何度か再利用できます。

多少コストは増えますが、作業の時間を考れば、
とってもお得な裏ワザでした~♪

 

[sbc title=”yes”]
緑=予約可
オレンジ=予約済
ピンク=定休日

※ご予約は3日前までにお願いいたします。

ご予約にはこちらのフォームをご利用ください→

 

///当教室サイト/SNS一覧///

アメブロ 富士市のアイシングクッキー教室 Little My

『Little My』公式サイト 静岡県のアイシングクッキー教室 Little My

教室の様子がリアルタイムでわかる facebook

講師の作品一覧 Instagram

簡単にレッスンの予約が可能! スマホなら1クリックで友達追加♪ LINE@

関連記事

  1. 黒色のアイシング、おすすめの着色料は?

  2. CKカラーでスタンプクッキー

  3. How to make HELLO KITTY【前編】

  4. クッキー生地の表面をきれいに伸ばす方法

  5. 無駄のないアイシングの着色方法

  6. 手作りクッキー型の接着方法